Contents

役員運転手(お抱え運転手)に英語力は必要か?

 

役員運転手というとハイレベルな対応能力を持っているというイメージがあります。

役員運転手を依頼する企業を取り巻く環境がグローバル化する現代では、英会話ができないと業務を行うことが難しいのでしょうか。

役員運転手と英語力の有無について見ていきましょう。

 

1.役員運転手は英語ができないとなれない?

 

 

役員運転手はマナーや礼儀をわきまえ、役員や同乗者、またTPOに応じて深い配慮が求められます。

ハイレベルな対応が求められるのは事実ですが、英語力は必ずしも必須という訳ではありません。

外資系企業や、日本企業であっても外国人が社長や役員になる可能性がある大手企業であれば、英語力が求められる場面があるかもしれません。しかし、現在の日常業務では、日本の方もしくは日本語を使う役員を担当させていただくことが多いと思われます。

また、英会話を用いるシーンでも、ある程度限られた定型文での会話が多いようです。

 

2.英会話ができる役員運転手のメリット

 

 

もっとも、英会話ができれば、今後の仕事の幅が広がり、より高収入に結びつきやすいメリットが生まれます。

高収入が期待できるような外資系企業や大手企業の役員運転手へ配属される可能性が高まるのも理由のひとつです。

また、現在は新型コロナウイルスの影響を受けてはいるのもの、海外と取引をするケースはますます増えていくことでしょう。

今後、海外から訪れる取引先や大切なゲストを送迎する機会が増え、英会話の需要が高まることも予想されます。

例えば、空港への送迎を依頼された場合、英会話ができなければ、英語ができる社員が同行するなど考えなければなりません。

ですが、役員運転手が単独で対応ができれば、企業側が余計な手間やコストをかけずに業務が完結します。

こうしたビジネスのグローバル化に伴うニーズから、英語ができると採用されやすい、契約の更新がされやすい、更新時の時給・給料のアップ、などのメリットが期待できます。

 

関連記事:

役員運転手(プロドライバー)の身だしなみとは?求人面接にも役立つ整え方

 

役員運転手(お抱え運転手)の求人はセントラルサービスへ!

 

役員の信頼に応えるプロドライバー(役員運転手)のお仕事

 

3.まとめ

 

 

役員運転手の仕事をしていく中で英会話力の必要性を感じた場合や、より高収入なポジションを求めたいと考えた場合には、通勤などの隙間時間を活用して英語の勉強をするのはいかがでしょうか。

役員運転手だからといって英語力は必須ではありません。

ですが、英会話ができれば、高収入が得やすい現場やグローバルなビジネスを展開するベンチャー企業などでも重宝される可能性が高まり、ホスピタリティー能力と相まってお客様のお役に立つことができることと思います。

1日10分、隙間時間を有効活用して、英語力を磨いてみましょう。

 

4.最後に

弊社セントラルサービスでは、ご一緒にドライバー業務に励んでいただける方を募集しております。

役員運転手としてスキルアップしていただく環境と、モチベーションを持って働いていただける給与システムを用意しております。

 

リクルートのご相談はこちらまでお寄せください。宜しくお願い致します。