Contents

【職種別】ドライバーの仕事はきつい?実は多い仕事のやりがいについて徹底解説!

【職種別】ドライバーの仕事はきつい?実は多い仕事のやりがいについて徹底解説!

ドライバーの仕事に就きたいけれど、どのような職種があるのか?また「拘束時間が長い」などのきついイメージがあり、転職や就職に躊躇してしまう方もいらっしゃるでしょう。

しかしドライバーは「きつい」だけではなく、魅力を感じる点が多くあります。

 

ドライバーの「きついと感じる部分」や「魅力に感じる部分」について、職種別にご紹介します。

 

車や運転が好きでドライバーの仕事に興味がある方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

 

 

 

 

1. ドライバーの仕事の種類とは

 

ドライバーの仕事は、さまざまな職種がありますが、大きく5つに分けることができます。

それぞれの職種について解説します。

 

1-1. トラックドライバー

 

大型・中型・小型のトラックを運転し、さまざまな業務を行うのがトラックドライバーです。

業務内容としては、長距離輸送やルート配送、宅配や引越しなどがあります。

 

また取得している免許によって運転できるトラックの大きさが異なるため、業務内容にも違いがあります。

荷物の積み降ろしなど肉体的に厳しさのある職種ですが、運転中は一人なので休憩などの時間配分もある程度自由に決めることができる点は魅力といえるでしょう。

 

1-2. タクシードライバー

 

タクシードライバーの仕事は利用者から運賃を受け取って運送するため、第二種運転免許が必要です。

勤務は昼勤や夜勤もありますが、早朝から翌日の明け方までの隔日勤務が主流になります。

 

働き方はある程度自由が与えられていて、必要な場合は仮眠を取ることも可能です。

また個人で営業することもできるため、会社の人間関係が苦手な方に向いているでしょう。

 

1-3. バスドライバー

 

バスドライバーの仕事も利用者から運賃を受け取って運送するため、大型二種免許の取得が必須です。

路線変更がなければ基本的に同じ道を走る仕事ですが、定刻通りに走らせなければいけない大変さもあります。

 

勤務時間は早朝や日中、深夜の3パターンで8時間~12時間勤務するのが一般的です。

また一定の時間運転した後は、必ず休憩を取るように時間が設けられています。

 

地域に密着した仕事であるため、やりがいをもって取り組める仕事でしょう。

 

1-4. 送迎ドライバー

 

送迎ドライバーは、固定のお客様を送迎する仕事です。

送迎を担当する場所によって、運転する車種がバスと普通自動車に分けられます。

 

バスの場合は、幼稚園やホテル、葬儀場などが一般的です。

勤務時間は送迎を行う人によって異なりますが、基本的には昼の勤務が多いでしょう。

 

普通自動車の場合は、通常の送迎であれば特別な免許は不必要であるのが、ほかのドライバーとの大きな違いです。

ただし送迎ドライバーは自身の車を使用する場合が多いため、車を所有していないと仕事ができないこともあります。

 

1-5. 役員運転手

 

役員運転手は、主に企業の役員や会長などの送迎を行う専属の運転手です。

送迎以外にも、車両の管理・点検・清掃やエスコート、スケジュールに沿った運行ルートの確認や見直しなどを行います。

 

勤務時間が規則的な場合が多く時間の調整がしやすいのは、ほかのドライバーと異なる点でしょう。

ただしお客様は企業の役員になるため、ほかの業種と比較すると守秘義務や高いビジネスマナーが求められます。

 

2. ドライバーの仕事にて「きつい」と感じる点

 

ドライバーにも、さまざまな職種があるため仕事内容によって「きつい」と感じることもあるでしょう。

ここではドライバーの仕事で「きつい」と感じる点を解説します。

 

2-1. 待機時間が長い場合がある

 

ドライバーはずっと運転しているイメージですが、意外と待機時間もあります。

タクシーやトラックなど職種によって待機時間は異なりますが、長い時間待つこともあります。

 

そのため待つことが苦手な方や時間を効率的に使いたい方は、待機時間が「きつい」と感じることもあるでしょう。

 

2-2. 勤務時間が不規則な場合がある

 

トラックなどドライバーの職種によっては、勤務時間が不規則になる場合があります。

荷物の集荷や配送場所で時間が異なるため、不規則な勤務時間が原因で生活リズムが不安定になる可能性もあるでしょう。

 

また、職種によっては、早朝や深夜の勤務もあります。

そのため生活リズムを崩したくない方などは、「きつい」と感じることもあるでしょう。

 

2-3. 渋滞など交通状況の影響を受けやすい

 

雨雪などの天候不順や、台風・地震のような自然災害、さらに長期連休などでも交通状況は異なります。

また週末や祝日などは車で移動する一般のドライバーも多くなるため、渋滞も発生しやすくなります。

 

交通状況に左右されるのが、精神的なプレッシャーになる方は「きつい」と感じることもあるでしょう。

 

3. ドライバーの仕事にて「魅力」を感じる点

 

ドライバーの仕事で「きつい」と感じる点を解説しましたが、やりがいを感じられるなどの「魅力」も多くあります。

ドライバーとして仕事をするには「きつい部分」も理解したうえで、やりがいなどの「魅力」も知っておくとよいでしょう。

 

ここではドライバーの仕事の「魅力」を5つご紹介します。

 

3-1. 運転技術が向上する

 

日常的に車を運転するため、自然に運転技術が向上します。

特にトラックやバスの場合は、通常より大きな車体を運転するため高い運転技術を身に付けられるでしょう。

 

また日頃から周りに注意を払いながら運転しているため、自然に安全意識も高まります。

そのため、プライベートで家族や友人を乗せる際も、安心して乗せることができるでしょう。

 

3-2. 一人で進める仕事が多い

 

職種によって異なるものの、基本的に人に合わせることはなく、自分のペースで仕事を進められます。

配送時間などを守ることは必要ですが、誰にも邪魔されずに仕事ができるためコミュニケーションが苦手な方には最適です。

 

また運転中は好きな音楽を聴いたり、自分のペースで休憩を取ったりできるのも魅力といえるでしょう。

 

3-3. 地理に詳しくなる

 

運転を仕事にするドライバーは、さまざまな場所を走行するため、必然的に地理に詳しくなります。

職種によって詳しくなる土地の範囲は変わりますが、トラックドライバーなら遠方に配送することもあるため、広範囲の地理に詳しくなるでしょう。

 

また、さまざまな場所に行くことができるのも、ドライバーの仕事の魅力です。

 

3-4. 人間関係のトラブルが起こりにくい

 

勤務のほとんどの時間は外での業務になるため、上司や同僚と顔を合わせる機会が少なくなります。

そのため上司や同僚の目を気にするストレスや、人間関係に悩む心配を減らすことができるでしょう。

 

そのため一人で淡々と仕事をしたい方には、ドライバーの仕事は魅力といえるでしょう。

 

3-5. 人材不足で需要が高い

 

ドライバーの仕事は深刻な人手不足のため、運転技術と体力があれば経験や年齢などに関係なく採用される可能性があるため、就職や転職のハードルが低いのも魅力です。

 

職種によっては大型免許や第二種運転免許の取得が必要になりますが、会社によっては上位免許取得の際に補助が出ることがあります。

そのため、免許を持っていなくても、就職や転職しやすい業界です。

 

4. まとめ

 

ドライバーの仕事は多くの職種があり、それぞれ魅力やきつい点は異なります。

そのため就職や転職を考える際は、それぞれの職種の特徴や魅力やきついと感じる点をしっかり把握して検討するとよいでしょう。

 

「セントラルサービス株式会社」では、役員運転手の募集を行っています。

正社員のほか、業務委託やパート・アルバイトも選択が可能です。

 

どのようなお客様のもとへ行っても恥ずかしくないだけのスキルを、研修制度で身に付けられるため、未経験の方でもご応募いただけます。

運転が好き、人のお役に立つ仕事がしたい、ビジネスマナーを身に付けたい方は、ぜひご応募ください。

 

【ドライバー求人募集】