Contents

ドライバー(役員運転手)派遣の料金相場とサービス内容紹介!

 

ドライバー派遣の料金相場っていくらぐらいなのでしょうか?
また、どのようなサービスがあって、それぞれの費用相場ってどのくらいするのでしょうか?

これらの疑問を解決してきます。

ある程度規模が大きな企業になると、役員を送迎する役員運転手を雇用するケースが少なくありません。
役員運転手は自社雇用するだけでなく派遣サービスに依頼することもできます。

ドライバー派遣サービスを提供する会社は様々にありますが、この記事ではドライバー派遣のサービス内容と料金相場を紹介します。

 

1、ドライバー派遣のサービス内容とは?

 

ドライバー派遣サービスとは、名前の通りドライバーを派遣するサービスのことです。

タクシーやハイヤーのように車とドライバーがセットで派遣されるのではなく、運転手のみが派遣されます。
派遣された運転手は派遣先の社用車を運転して、役員の方を目的地まで送り届けます。

従来の場合、会社役員の方が乗車する車両を運転するのは自社に所属している従業員でした。
いわゆる「お抱え運転手」と呼ばれるドライバーが、役員の方のスケジュールに合わせて運行するスタイルが一般的です。

しかしドライバー派遣ーサービスの場合、自社雇用の運転手ではなく社外のドライバーに運転業務を委託します。
つまり運転業務をそっくりそのままアウトソーシングするということです。

自社社員を使わずに社外にアウトソーシングするのは、一見割高で余計な手間がかかるように思えるかもしれませんが、実は役員ドライバーを派遣で雇うことには様々な点でメリットがあります。メリットの詳細については後述します。

 

2、ドライバー派遣の料金の相場はどれくらい?

 

ドライバー派遣サービスを依頼する場合、気になるのは利用料金です。

サービスを提供する会社によって料金は異なりますが、大まかな相場をご紹介します。しかしその前にまず、契約の種類や料金を決定する要素について解説しておきたいと思います。

2-1 ドライバー派遣の契約タイプは定期契約とスポット契約の2種類

ドライバー派遣サービスの料金システムは、大きく分けて「定期契約」と「スポット契約」とに分かれます。

定期契約の場合は月極契約や年間契約を結ぶことができ、最終的な利用料金は各サービス・車両の条件などの内容によって決定します。スポット契約は1日だけの単発の運転業務契約です。

定期契約プランは以下のような利用シーンに向いています。

・会社までの定期的な送迎
・取引先までの移動頻度が多い

スポット契約は以下のようなシーンに向いています。

・空港や駅までの一時的な送迎
・社内懇親会の送迎
・会社にVIPの訪問がある場合の送迎

2-2 利用料金に関係する要素

利用料金には以下のような要素が関係します。

・基本料金
8時間・9時間など、通常の業務時間について発生する料金で、車両サイズやクラスによって料金が変動します。また、契約できる時間単位は会社によって2時間や4時間など、短い時間も設定されている場合があります。

・超過料金
通常業務時間を超えた業務に関してかかる料金です。

・休日料金
休日に業務を依頼する場合にかかる料金です。

・深夜料金
深夜帯に業務を依頼する場合にかかる料金です。基本時間内に深夜運行をする場合と、基本時間外に深夜運行をする場合とで料金が異なる場合があります。適用時間は夜10時から早朝5時が通常です。

・走行料
走行距離に応じて発生する料金です。走行距離が長くなると、料金単価が安くなるのが一般的です。

・宿泊料
宿泊の必要がある場合にかかる料金です。宿泊費は別途かかります。

どのような料金要素があるかはサービス会社によって変わります。入会金が発生するケースもあります。

2-3 定期契約とスポット契約の料金相場

それではドライバー派遣サービスの利用料金相場を見てみましょう。
定期契約とスポット契約の場合に分けて、関係要素の相場をご紹介します。

・基本料金
スポット運行4時間までの場合:12,000円~20,000円
スポット運行9時間までの場合:20,000円~35,000円
月極の場合:260,000円~700,000円

・超過料金
2,500円~8,000円

・休日料金
5,000円~9,000円

・深夜料金
1,000円~2,500円

・走行料
100km以内:0円~70円
101km~10円~50円

・宿泊料
1泊毎に6,000円(宿泊費は実費)

料金を比較検討する時は基本料金だけで判断するのではなく、含まれるサービス全体を把握することが大切です。基本料金に走行料が含まれているか・定期契約の場合は土日祝日のサービスも入っているかなど、追加料金の有無をご確認ください。

 

3、役員ドライバーを派遣で雇うメリット

 

役員運転手を自社雇用ではなく派遣サービスで用意することにはメリットがあります。
メリットがはっきりすると派遣サービスの利用価値が分かり、運転業務の合理化に欠かせない要素であることが分かります。

派遣運転手を活用することで期待できるメリットを、いくつかご紹介しましょう。

 

3-1 メリット1:経費削減になる

自社雇用で役員運転手を雇う場合、他の従業員と同様に基本的な待遇を与える必要があります。

例えば、ボーナス・退職金・福利厚生などです。これらの待遇にかかる費用はかなりの額になりますが、派遣の役員運転手の場合はこれらの待遇を用意する必要がないため、節約になります。

さらに運転手を雇用する際には、採用活動の経費や社内教育・育成にかかる費用も発生します。複数のドライバーを雇わなければいけない企業であれば、その規模も自然と大きくなるはずです。

このように、お抱え運転手1人にかかる自社負担は大きいです。

それに対して派遣運転手サービスでは運転業務にのみ支払いが発生するため、経費削減につながります。
状況にもよりますが、自社雇用の場合と比べると派遣サービスにかかる費用は半額程度になるケースも珍しくありません。

 

3-2 メリット2:非常時の運転手確保に融通が効く

自社雇用のドライバー人材が限られている場合、病気や事故などの緊急自体が発生すると運転業務に支障が出ます。

「非常時に対応できる人材が確保できず、やむを得ず不慣れな社員に運転してもらう」といった事態も想定できます。
また急にドライバーが退職してしまって人材が枯渇するリスクもあります。

この点、派遣サービスであれば優秀な人材が多く在籍しているため、業務に支障をきたすことなく対応してもらえます。
基本的に派遣サービスのドライバーは経験豊富で即戦力になるため、急な業務にも卒なくこなすことができます。

 

3-3 メリット3:人材登用・育成の手間がかからない

自社雇用の場合、社員として登録するための様々な手続きが必要になります。

また会社に関する最低限の知識を習得させたり、社内環境に慣れさせるための時間も必要です。それに加えて、運転業務全般に関するスキルやマナーを教え込む必要があります。

1人のドライバーに関連した会社側の手間はかなり多いでしょう。

しかも役員運転手ともなると、同僚を乗せての運転とは異なります。単に運転技術が高いだけでなく、上質な車内空間を味わっていただくための高品質なマナーや接客能力・コミュニケーション能力など、求められることは多くなります。

しかし、役員運転手にふさわしい資質を持たせるための研修制度は、一般企業には普通ありません。

交通に関連した企業であればまだしも、ドライビングスキル・マナー・車両管理・運行ルートなどの、内容に通じた社内研修制度を持つ企業は稀なはずです。研修のためだけに社外から講師を呼び寄せるのも本末転倒です。

その点、派遣運転手サービスはその道のプロであるため、会社側が負担を強いられることはありません。派遣されたドライバーは最初から役員運転手に見合ったスキルやマナーを習得します。

 

3-3-1. 企業側の意向に合う人材を確保できる

役員運転手として優秀な人材を派遣することはもちろん、派遣サービスは派遣先の企業の意向に合わせた人材を確保します。

例えば、同じ資質を持ったドライバーがいるとしても、企業側は若手のドライバーを要望するかもしれません。逆にシニア層のドライバーを求める声があがる可能性もあります。役員が女性の方であれば、女性ドライバーを好まれることも想定できます。

派遣サービスに在籍するドライバーは全員優秀とはいえ、様々なタイプが存在するものです。そのため、派遣先の企業や実際に乗車する役員の方の意向に合わせた、適正なドライバーを派遣することができます。

 

3-3-2. どのタイプの社用車にも対応可能な人材を確保できる

セダンやミニバンなどの車両であれば、運転手を確保することは難しくありません。

しかしベントレーやマイバッハ・リムジンなどの特殊な車両や超高級車の運転手ともなると、人材確保は容易ではありません。

しかし派遣運転手の会社には、あらゆる車両の運転に対応した人材が在籍しています。珍しい車両や運転難易度の高い車両であっても問題はありません。

 

3-4 メリット4:事故発生時に処理を任せられる

万が一事故が発生した場合、自社雇用の社員が運転していたのであれば、自社で対応しなければなりません。
しかし派遣サービスの場合は、通常運転手や派遣会社が事故処理を全て担当してくれます。

首都圏など交通量が多い街の運転業務には、常に事故の危険が隣り合わせです。
しかし事故対応全般に対応してもらえるため、乗車する役員の方はもちろん企業側にも安心感があります。

 

4、まとめ

運転派遣業務の利用料金相場をご紹介しました。
派遣サービスは様々にありますが、今回ご紹介した相場や見積もりに関連する料金要素をぜひ参考になさってください。

運転業務に発生する費用のみを比較した場合、自社雇用の運転手に依頼する方がコストが安くなるように思えます。
しかし、将来のコストや煩雑な手間全般を考慮した場合、ドライバーのアウトソーシングを選択することには、大きなメリットがあると言えます。

優秀な人材をスピーディーかつローコストで確保する上で、役員運転手の派遣サービスは今後その注目度を増すに違いありません。

 

関連記事;

お抱え運転手(役員運転手)にかかる費用はどれくらい?コスト削減ならドライバー派遣!

 

役員運転手(お抱え運転手)派遣サービスのメリットデメリット!驚きのサービス内容とは?

 

役員運転手(お抱え運転手)をスポット契約で業務合理化!サービスの魅力を解説

 

【弊社概要】

商 号  セントラルサービス株式会社

https://www.central-service.co.jp/

(役員運転手派遣会社・運行管理請負会社)

住 所  〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-3丸の内トラストタワー本館20F

〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-21-11ゑびすビル3F

TEL    03-6380-9151

FAX    03-6380-9152

E-mail  info@central-service.co.jp

資本金   2000万円

代表者   高島 良太

取引銀行  三井住友銀行・三菱UFJ銀行

派遣認可番号  派13-314752